スマホでどこでも簡単副業!主婦やサラリーマン、学生まで幅広い年齢層をターゲットに副業に関する情報を配信中!今やネットで誰もが稼げる時代!いっぱい稼いで貯金やお小遣いを手に入れよう!

スマホで副業に挑戦!在宅で稼いで副収入情報

副業 税金 節約

【スマホで副業】副業の節税対策

投稿日:

副業を行っている場合、収入があるので当然ながら税金の対象となります。副業で稼いだ金額を申告しないことは脱税となってしまいますので、申告忘れや故意に申告しないというのは避けましょう。ただ、申告すると税金が発生しますので、あまり嬉しいものではありませんよね。そこで、副業での節税対策をご紹介します。

事業所得として申告する

クラウドソーシングでの副業や、システムエンジニアなどは事業所得として申告することができます。これは個人事業主を営む人と同じ扱いになるので、きちんと申告すれば、稼いだ金額によっては節税することが可能です。

例えば、クラウドソーシングでウェブライターなどを行っている場合。個人事業主と同じで、その仕事をするうえで必要になった出費は「経費」として申告することができます。ウェブライターの場合、作業のために購入したパソコン・インターネットプロバイダ料金・電気代・ノートやペンなど、こうした物を経費として申告することができます。このほか、自宅で作業しているのであれば賃貸なら家賃の一部を経費にできる場合もあります。

 

例として、毎月の事業所得が5万円、経費が6万円だった場合は1万円の赤字ですので赤字申告することで一部の金額を還付してもらうことができます。ただし、その仕事上に必要な物以外を申告すると脱税と認められますので注意しましょう。

 

個人事業主になれば税金が相殺される

会社員など毎月給料が発生している人でも、個人事業主を申請することができます。これには、会社からの給料と個人事業での収入を合算できるというメリットがあります。どうメリットになるかというと、例えば会社からの給料が毎月あったとしても、個人事業の収入(副業での収入)が赤字だった場合、相殺されて還付金を受けられる場合があるからです。

副業で数万円程度の収入の場合、経費をしっかり計算すれば実は赤字申告できることもあるので、まずは副業の収入と経費のバランスを計算してみましょう。もしも赤字申告できる状態だった場合はしっかり申告して、還付してもらうのがおすすめです。

-副業, 税金, 節約
-, , , ,

Copyright© スマホで副業に挑戦!在宅で稼いで副収入情報 , 2019 AllRights Reserved.